小学館、生誕100年記念『福永武彦電子全集』の配信開始

学習・教育

小学館は、青年の純愛と挫折を描いた「草の花」や、モダニズムの傑作「死の島」など、愛と孤独と死を描いた小説で知られる作家・福永武彦の電子全集を、氏の生誕100年を記念して、19日から、全20巻で配信を開始する。

福永氏の長男で芥川賞作家の池澤夏樹氏を特別監修者、福永作品研究の第一人者・三坂剛氏を企画監修者に迎え、氏の遺した多彩な小説、随筆、詩、評論などをテーマ、カテゴリー別に巻立て編纂、解説を記した注目の全集。

小説は作家自らの熱い想いがこもった初刊本と、最終改訂を行った決定版の両方を原則併載し、「書き換える作家」福永武彦文学の本質に根ざした電子全集。

初刊が旧字旧かな表記の小説は旧字表記で掲載し、新字新かな表記の決定版と併載。学生時代の部誌に掲載された文章のほか、貴重な未単行本化作品も多数収録している。

多彩な作品群をテーマ別に構成し、作品生成過程を中心とした詳細な解題を附し、全巻に、署名本・識語本や原稿、未発表構想ノート、メモなどの貴重なお宝付録も掲載されている。

価格は1巻2500円(税別)。対象端末は電子書籍専用端末、スマートフォン、タブレット端末、PC。主要電子書店で販売する。

関連URL

特設サイト

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… gazine.jp/fukunaga-zensyu/" target="_blank">特設サイト

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
TechAcademyジュニア、奨学生募集…アプリ開発に挑戦

 子ども向けプログラミング教室「TechAcademyジュニア」を運営するキラメックスは2019年1 …

学習・教育
ドリーム・アーツ、立命館大学が取り組む5万人の業務基盤高度化の事例をWebに公開

ドリーム・アーツは11日、立命館大学が取り組む5万人の業務基盤高度化の導入事例をWebに公開した。 …

学習・教育
世界2位の芸術市場イギリスへのアート留学を知るワークショップ開催、10/22

 留学サポートのbeoは、2019年10月22日にイギリスを代表するアートスクールであるロンドン芸術 …