小学生3人に1人視力1.0未満…子どもの近視チェックと予防法

学習・教育
 メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックは、幼稚園や小学校の身体測定などで視力結果がわかるこの時期に、子どもの近視度チェックや、今からできる近視予防策、メガネ選びのポイントや使い方などを紹介している。

 文部科学省発表の2018年度(平成30年度)学校保健統計調査によると、2018年度の「裸眼視力1.0未満の者」の割合は、幼稚園26.68%、小学校34.10%となっており、前年度と比較すると幼稚園、小学校ともに増加。特に小学校では、2008年度(平成20年度)の29.87%から10年間で約5ポイントも増加している。また「裸眼視力0.3未満の者」の割合は、小学校で9.28%と、1979年度(昭和54年度)以来、過去最高値をマーク。視力非矯正者(メガネやコンタクトレンズを使用していない者)のうち、「裸眼視力0.7未満の者」の割合は、幼稚園6.67%、小学校14.22%となった。

 現代の子どもたちは、幼い頃からテレビやゲーム、スマートフォンなどデジタルデバイスに触れる機会が増え、子どもが気づかないうちに目を酷使するシーンが増えている。2020年には小学校でプログラミング教育の必修化が始まり、ますますデジタルネイティブ化が進む中、子ども自身が自覚しにくい目のトラブルについて、近くにいる大人が正しい知識を身に付け、ケアする必要があるという。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ルートH、中高生向け「海外進学・留学ラボ」開設

 海外トップ大進学塾「Route H(ルート エイチ)」グループは、グローバルな進路を志す中高生を応 …

学習・教育
iTeachers TV Vol.231 千葉明徳中高 梅澤俊秀 副校長(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは3日、iTeachers TV Vol.23 …

学習・教育
LINE entry、家庭向け無料プログラミング教材追加

 LINEみらい財団は、無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、親 …