小学生対象「大野総合車両所親子見学会」3/26…運転機器操作体験など

学習・教育
 小田急電鉄は2019年3月26日、小学生とその保護者を対象に、「大野総合車両所 親子見学会」を開催する。普段は見ることのできない車両整備のようすを近くで見て触れて感じることができる。参加無料。

 「大野総合車両所 親子見学会」は、小田急電鉄が年に1度開催しているイベントで、今回で24回目を迎える。環境マネジメントシステムの国際標準規格「ISO14001」を取得している大野総合車両所で、車両の検査・補修作業のようすを見ることができる。

 当日は、特急ロマンスカー・EXEα(30000形)の車体上げ作業のようすを見学できるほか、車輪とレールの摩擦によって発生する高音を抑制する「防音車輪」と従来型車輪との叩き比べ体験や、簡易運転台での運転機器操作体験、特急ロマンスカー・MSE(60000形)の運転席で制帽を着用した記念撮影などを楽しむことができる。

 参加無料。参加希望者は、小田急電鉄Webサイト内の「ここでね ずっとね(小田急親子サポートプロジェクト)」から応募要項を確認のうえ、応募すること。応募期間は、2019年2月1日午前10時から2月28日まで。定員は40組80名(親子2人1組)。応募者多数の場合は抽選で当選者を決定し、当落結果は3月上旬にメールで通知する。

◆大野総合車両所 親子見学会
日時:2019年3月26日(火)9:2……(中略)…… 募要項を確認のうえ、応募する※応募者多数の場合は抽選で当選者を決定し、当落結果は3月上旬にメールで通知する

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …

学習・教育
イースト、辞書アプリDONGRI「マルチプラットフォームライセンス」を開始

イーストは14日、文教市場を中心に展開する辞書アプリ「DONGRI」で、辞書コンテンツの1ライセンス …

学習・教育
大阪府【高校受験2020】大学入試改革の影響と合格への近道

 2020年度の大阪府公立高校入試が実施される2020年3月11日まで100日余りとなった。大阪府公 …