小学生向けキヤノン写真教室、4/20まで参加校・団体募集

学習・教育
 キヤノンは、小学生を対象とした写真教室「ジュニアフォトグラファーズ2018」の参加小学校・団体の募集を開始した。2018年4月20日までの期間、原則小学3~6年生を対象に、全国の小学校や団体から応募を募る。募集数は8~10団体、1団体あたり約30~60名定員。

 「ジュニアフォトグラファーズ」は、自然をテーマとした写真撮影の体験を通じて、子どもたちの環境に対する意識を高め、豊かな感性を育むことを目的とした写真プロジェクト。キヤノンの社会貢献活動として2004年にスタートして以降、2017年までに全国43都道府県、317校・団体、延べ1万9,842人が参加しているという。

 写真教室では、プロの写真家やキヤノンの社員が講師となり、写真撮影のヒントやカメラの操作方法などを説明。参加児童には、1人に1台ずつキヤノン製デジタルカメラが貸し出され、野外で自然に触れ合いながら自由に写真撮影ができる。

 撮影後には作品発表会も実施。子どもたちのお気に入りの1枚をプリントし、タイトルをつけて作品として完成させ、撮影時の感想とともに発表。一緒に撮影した仲間たちの作品鑑賞もしながら、写真撮影体験を振り返る。プリントした1枚は各自に当日プレゼントされるほか、撮影データは後日、参加校・団体の代表者に記録メディアに収録した形で寄贈される。

 写真教室の開催期間は、5……(中略)…… 紙に必要事項を記入のうえ、FAX、郵送、メールのいずれかで送付(応募用紙はWebサイトからダウンロード可)

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ドコモ、小学校向け教材「センサープログラミングPIoT(ピオット)」

 NTTドコモは2020年8月6日、小学生向けプログラミング教材「センサープログラミングPIoT(ピ …

学習・教育
アシアル、茨城県に「Monaca Education」を提供開始

アシアルは5日、茨城県が推進する「プログラミング・エキスパート育成事業」にプログラミング学習環境「M …

学習・教育
中学受験の算数、勉強法とは? みんなが陥りがちな誤解3つ!

<!– –> 中学受験の算数勉強法の誤解3つ! 親や塾講師も勘違 …