小学生チームのプログラミング対決「GPリーグ」が2019開催予定を発表

学習・教育

GPリーグは27日、小学生を対象とした「21世紀型スキル」を育成するためのプログラミング競技会「GPリーグ ヤマハ発動機 プログラミングコロシアム 2019」を開催すると発表した。

地方予選大会、地区決勝大会、ブロック大会を経て、全国大会での頂点を目指す。予選会では、参加児童に対してヤマハ発動機「ロボティクス未来塾」も実施予定。

地方決勝大会においては、ブロック大会や全国大会で採用されている、スクラッチ、メイクコード(Minecraft)、ドローン、ロボット、ハックフォープレイの5種目で戦いが繰り広げられる。

各地区を勝ち抜いた猛者たちによるブロック大会は2019年11月~12月、そして全国大会は2019年12月に開催を予定している。

GPリーグは、プログラミングをしている、またはこれからはじめる小学生を対象に、プログラミングに対するモチベーションを高めることを目的としたプログラミングの競技会・セミナー。学校外で子どもたちがプログラミングの楽しさ、面白さを知り、生活をより豊かにする道具としてコンピューターを使いこなせるリテラシーとして将来必要となる「21世紀型スキル」を育成する環境を整えるプロジェクト。

開催概要

【地方予選大会】@各都道府県の大学・専門学校 2019年7〜11月
【地方決勝大会】……(中略)……

GPリーグ

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
公認会計士試験2019、合格率は10.7%…合格者4年連続増加

 公認会計士・監査審査会は2019年11月15日、公認会計士試験の合格発表を行った。合格者数は1,3 …

学習・教育
LoiLo、香港デモに伴う休校措置を受けロイロノート・スクールを無料提供

LoiLoは15日、Facebookを通して、自宅にいながら授業ができるよう授業支援アプリ「ロイロノ …

学習・教育
【大学受験2021】大学入学共通テスト、英語の出題方針に変更なし

 大学入試センターは2019年11月15日、大学入試英語成績提供システムの導入延期に伴う令和3年度( …