小学生サッカー「スポーツオーソリティCUP 2019」地域大会エントリー受付開始

学習・教育
メガスポーツは、全国最大級の小学生サッカー大会「第15回スポーツオーソリティCUP 2019」の地域大会参加エントリー受付を開始した。

「スポーツオーソリティCUP」は、2005年から毎年開催している小学生サッカー大会だ。子どもたちが全国規模のスポーツ大会を通して練習で培ったパフォーマンスを発揮し、多方面で成長してほしいという思いのもとに行われる。昨年開催された第14回大会には、全国173チーム、約2,520人の選手が参加した。

24チームを8グループに分けて予選リーグを行い、各グループの上位1チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出する。今年の全国大会は、12月22日(日)に「パナソニックスタジアム吹田」にて実施。地域大会優勝チームと特別枠の計10チームで優勝を争う。地域大会は8月31日(土)に開催する「関東大会A」を皮切りに、全国9会場で行う。

募集チーム数は216チーム(各地域大会エントリー定数 24チーム)。参加費1チーム10,000円。申込みは、大会エントリーサイトから行う。

小学生サッカー大会「スポーツオーソリティCUP」地域大会エントリー受付を開始

記事の全文を見る⇒(リセマム)

……(中略)…… サイトから行う。

小学生サッカー大会「スポーツオーソリティCUP」地域大会エントリー受付を開始

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
どこでも走れるプログラミングロボ教材「Sphero RVR」

 教育ロボットの開発を手掛ける米Sphreo(スフィロ)によるプログラミング教材「Sphero RV …

学習・教育
凸版印刷、遠隔校外学習サービス「IoA学園」20日から提供開始

凸版印刷は、小中高校の校外学習向けに、学校と遠隔地を4K映像と5Gを見据えた通信でつなぐ遠隔校外学習 …

学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …