小学生や渋渋・浦高生など、日本ゲーム大賞2018「U18部門」決勝作品決定

学習・教育
 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2018年6月8日、主催する「日本ゲーム大賞 U18部門」の決勝大会に進出する6作品を決定したと発表した。作品のブラッシュアップ期間を経て、9月23日に東京ゲームショウ2018のステージイベントで決勝大会が催される。

 「U18部門」は、次世代を担うゲームクリエイターの発掘を目的に、2018年度から新設された18歳以下の小中学生および高校生などを対象としたゲーム制作コンテスト。初開催となる大会に全国から100を超えるエントリーが寄せられ、1次審査で選ばれた12作品が予選大会へと進んだ。

 予選大会は6月3日に東京渋谷にて開催。熱の入ったプレゼンテーションによる審査が行われ、事前に行ったゲームの試遊プレイによる実機審査と予選大会のプレゼンテーション審査との総合評価により、決勝大会に進出する6作品が決定した。

 決勝大会に駒を進めるのは、沖縄工業高等専門学校・古堅武琉さんの作品「THE REALITY」、横浜市立美しが丘小学校・池上颯人さんの作品「なんで僕だけこんな目に」、渋谷教育学園渋谷中学高校・浅野啓さんと埼玉県立浦和高校・田村来希さんによる作品「PERVERSE」、早稲田実業学校・菅野晄さんの作品「回一首(まわりっしゅ)」、徳島市立高校・渡邉大誠さんの作品「モチ上ガール」、神戸市立科学技術高校・原先亮……(中略)…… イベントステージ場所:幕張メッセ※東京ゲームショウ2018は、2018年9月20日(木)~23日(日)開催

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …