小学生の親子向け「宇宙の謎を探るサイエンスショー」11/25岩手

学習・教育
 学習塾「能開センター」と「個別指導Axis(アクシス)」を運営するワオ・コーポレーションは、2018年11月25日に、IBCスーパーサイエンスショー「ウサじい、宇宙に行く 宇宙のなぞを探ろう!!」を開催する。会場は岩手県盛岡市のマリオス盛岡市民ホール。小学1年生から6年生の親子500組の参加を受け付ける。

 スーパーサイエンスショーは、子どもたちの科学への興味・関心を高めることを目的として、日常生活の中にある身近な科学をテーマに、全国各地で開催している大型科学実験ショー。盛岡でのショーは、IBC岩手放送主催のIBCスーパーサイエンスショーに協賛して実施される。

 ショーのテーマは「宇宙」。「望遠鏡のしくみ」「ロケットが飛ぶ原理」「宇宙で生活するための工夫」など、宇宙のナゾについての素朴な疑問などを親子で話し合い、人類と宇宙のかかわりについて理解を深めていくという。当日は、ステージ上で行う実験や、身近なものを使っての手元で行う実験など、さまざまな実験内容となっている。

 参加申込みは、Webサイトより先着順で受け付け、定員になり次第、締め切る。保護者同伴での参加で、定員は親子500組。入場料は無料だが、子ども1人あたり材料費1,000円(税込)が必要となる。未就学児の参加・入場は不可。

◆IBCスーパーサイエンスショー「ウサじい、宇宙に行く ……(中略)…… :子ども1人あたり1,000円(税込)参加方法:Webサイトから申し込む※先着順で定員になり次第、締め切る

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
プログラミング教育市場、5年後は2.3倍の250億円超に拡大

 子ども向けプログラミング教育市場は、2024年に2019年の2.3倍、250億円超に拡大すると予測 …

学習・教育
【本のプレゼント】「MESHをはじめよう」締切は25日

オライリー・ジャパンの提供で、お手軽IoTから教育まで開発者がみずから解説する「MESHをはじめよう …

学習・教育
フォニックスって?英語に強くなる読み書きのルール

2020年から小学校で英語が正式に教科になります。小学校で英語でつまずかないか心配という人必見!英単 …