小中高生向け国際情報科学コンテスト、参加校募集

学習・教育
 情報オリンピック日本委員会は2019年11月18日から23日、小学5年生から高校3年生を対象としたジュニア向けの国際情報科学コンテスト「ビーバーチャレンジ2019」を実施する。参加無料。

 「ビーバーチャレンジ」は2004年にリトアニアで始められ、2012年には世界21か国52万1,458人の児童生徒が参加しているジュニア向けの国際情報科学コンテスト。日本は2011年から正式参加している。コンピューター科学と「Computational Thinking」に関連した親しみやすい問題に取り組むことで、児童・生徒・学生がコンピューター科学に興味を持つきっかけとなることを目的として開催しており、日本では順位をつけて競い合うことを目的とはしていない。

 コンテストでは、インターネットに接続可能なコンピューターを使用。Webブラウザでコンテストサイトにアクセスして問題を閲覧し、解答する。コンテスト中、各参加生徒は1台ずつPCを使える必要がある。

 コンテスト時間は小学校が30分、中学校・高等学校が40分。1問3分程度で解くことを想定しており、問題数は小学校が10問、中学校・高等学校が12問。学年区分は、小学5・6年生の「ベンジャミン」、中学1・2年生の「カデット」、中学3年生・高校1年生の「ジュニア」、高校2・3年生の「シニア」の4区分。

 問題は……(中略)…… 11日(月)※締切日が過ぎた場合でも相談に応じる参加費:無料申込方法:学校教員がインターネットにて申し込む

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
スポーツ教室・忍者ナイン、小学生向け新コース

 やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」は、小学生向けにスポーツ種目別の …

学習・教育
プログラミング教育ロボット「こくり」、特別支援学級で実証実験

日販テクシード(NT)は、同社が独自開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット「こくり …

学習・教育
「女子学生のためのテクノフェスタ」名工大11/9

 女子中高生を対象にした「女子学生のためのテクノフェスタ」が2019年11月9日、名古屋工業大学で開 …