小中学生対象「算数オリンピック」申込み5/20まで

学習・教育
 算数オリンピック委員会は、全国の小中学生を対象とした「算数オリンピック」を開催する。トライアル地方大会は2019年6月16日、ファイナル決勝大会は7月21日、表彰式は8月25日に行う。申込みは5月20日まで受け付ける。

 算数オリンピックは、国境・言語・人種の壁を超えて、地球上すべての子どもたちが、算数という万国共通の種目で思考力と独創性を競い合う大会。フィールズ賞受賞者であり世界的な数学者である広中平祐先生の提唱により開催されている。

 大会種目は、小学6年生以下対象の「算数オリンピック」、小学5年生以下対象の「ジュニア算数オリンピック」、小学1~3年生対象の「算数オリンピック キッズBEE大会」、中学3年生以下対象の「広中杯 全国中学生数学大会」、中学1・2年生対象の「ジュニア広中杯 全国中学生数学大会」の5種目ある。小学5年生以下は「算数オリンピック大会」か「ジュニア算数オリンピック大会」のどちらか1つの大会に参加できる。また、中学1・2年生は「広中杯」か「ジュニア広中杯」のどちらか1つの大会に参加できる。

 トライアル地方大会は2019年6月16日に全国各地(約200会場予定)で開催、参加費は1人4,860円(税込)。トライアル地方大会通過者を対象としたファイナル決勝大会は7月21日に東京・大阪・福岡の3会場で開催、参加費は無料。開催日・応募……(中略)…… 0会場:東京オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3-1)参加資格:大会各種目入賞者

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
イースト、辞書アプリDONGRI「マルチプラットフォームライセンス」を開始

イーストは14日、文教市場を中心に展開する辞書アプリ「DONGRI」で、辞書コンテンツの1ライセンス …

学習・教育
大阪府【高校受験2020】大学入試改革の影響と合格への近道

 2020年度の大阪府公立高校入試が実施される2020年3月11日まで100日余りとなった。大阪府公 …

学習・教育
浪速中高、『すらら』軸にしたICT三本柱で相乗効果

【PR】 組み合わせで相互補完する三本柱 ICT教育には、指導業務や学習の効率化などさまざまなメリッ …