小中学生向けプログラミング全国大会「コードラッシュJP」開催

学習・教育

コードモンキー・スタジオ(イスラエル)のマスターディストリビューターであるジャパン・トゥエンティワン(J21)は30日、プログラミング教材「コードモンキー/コードの冒険」を利用した全国大会「コードラッシュJP」を、7月~8月にかけて開催すると発表。同日からエントリーを開始した。

コードモンキー・スタジオは、米国在住の児童生徒を対象としたオンラインプログラミング大会「Code Rush」を毎年開催。

「コードラッシュJP」は、「Code Rush」に準じたシステムやルールを利用した、日本国内の小中学生を対象としたプログラミング大会で、今年は7月19日~8月23日まで開催する。

エントリーは、プログラミング教室の教師や、保護者、学校の教師などの「チームリーダー」が行う。小3~小5または小6~中2の児童生徒4人のチーム毎に、参加費3240円(税込)を支払うことで、開催期間中「コードモンキー/コードの冒険」特別編にアクセスできるようになる。

チャレンジ100までの通常の課題に加え、大会参加者限定のスペシャルチャレンジ50が、開催期間中、段階的にアンロックされていく。

チームリーダーは、「ティーチャーダッシュボード」を通して、チームメンバーの進捗状況を確認することができ、他のチームの得点は定期的に更新される「リーダー……(中略)…… ://www.japan21.co.jp/" target="_blank">ジャパン・トゥエンティワン

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
不登校傾向にある中学生、推計33万人…日本財団が実態調査

 年間欠席数が30日未満の不登校傾向にある中学生が、全国で33万人と推計されることが2018年12月 …

学習・教育
柴山文科大臣がつくば市のICT教育先進校を視察

【投稿記事】茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校 校長 毛利 靖 12月12日、柴山昌彦文部科学 …

学習・教育
「第五回全国高校生未来会議」第2次募集12/28まで…奨学生招待枠も

 リビジョンは2019年3月25日から27日まで、2019年3月時点で中学3年生から高校3年生を対象 …