小中学生の3割がスマホトラブル経験、トレンドマイクロ調査

学習・教育
 スマートフォンを利用している小中学生の32.5%がトラブルを経験していることが2020年3月10日、トレンドマイクロの調査結果からわかった。子どもが安全に利用するためのセキュリティ対策では、危険を回避するためのソフトやサービスの利用の実施率が低調だった。

 「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査2020」は2019年12月20日~22日、スマートフォンを利用している子ども(小学6年~中学3年)がおり、自身もスマートフォンを利用している保護者618人を対象にWebで実施した。

 スマートフォン利用に伴い、何かしらのトラブルを経験している小中学生は32.5%。子どものスマートフォン利用率が年々増加し、利用時期が低年齢化している中、多くの子どもがさまざまなリスクに直面していることが伺える結果となった。

 不正アプリ・フィッシング詐欺・架空請求・不正アクセス・有害サイト・迷惑メールやスパムメールなど「サイバー犯罪に関するトラブル」は子どもの17.2%、保護者の43.4%が経験。「誤って自身や家族、友人の個人情報や画像をネット上に公開してしまった」など、「モラルや意識不足に関するトラブル」は子どもの23.5%、保護者の9.5%が経験していた。

 「子どもが抱えている悩み事や心配ごとはどのようなものがあると思うか」という問いに対し、保護……(中略)…… もとの話し合いを通し、子どもと保護者が一緒に考え、ルール決めや技術的な対策を講じることが重要」としている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【休校支援】オンラインアカペラ合唱部、参加学生募集

 hamo-laboは2020年4月7日、学生を対象とした「おうちでハモろう!hamo-laboオン …

学習・教育
中高大生、外出自粛期間は「YouTube」「SNS」を利用 =テスティー調べ=

テスティーは、若年層を対象に調査結果を発信している「TesTee Lab」において、学生男女計1万2 …

学習・教育
【休校支援】福岡市の小中学生向け学習動画、J:COMチャンネルで放送

 ジェイコム九州は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止施策を受けて、休校措置延長が決定した福岡市 …