小中学生の約9割が「ムダ毛気にする」処理の相談先は?

学習・教育
 貝印・テスティー調べによると、小中学生の87.9%が自分のムダ毛を気にしており、その約半数がムダ毛処理の情報収集や相談先は「親」と回答していることが明らかとなった。

 「脱毛に関する調査」は、全国の小中学生の女性を対象に実施。2019年6月18日から19日に調査を実施し、190名の有効サンプルを得た。

 自分のムダ毛について現在気になっている、もしくは過去に気になった経験はあるか聞いたところ、87.9%が「はい」と回答。気にし始めたきっかけは、1位「夏場に露出の多い服を着たとき」61.1%、2位「プールの授業」「周りの友人と比べて多い気がした」同率50.3%という結果だった。

 ムダ毛を気にしていると回答した167名に、現在ムダ毛処理をしているか、もしくは処理をしてみたいと思っているか聞いたところ、71.3%が「現在ムダ毛処理をしている」、21.0%が「まだ処理をしたことはないが、やってみたいと思っている」と回答。ムダ毛を処理したことがある127名に、ムダ毛処理を始めた時期について聞いたところ、「小学校高学年くらい」40.9%、「中学1年生くらい」35.4%と、小学生の終わりから中学生にかけてムダ毛処理を始める小中学生が多いことがわかった。

 ムダ毛に関する悩み解決の手段について聞いたところ、「親に相談した」が48.5%と約半数を占め、「……(中略)…… 気にし始めるタイミングに備え、しっかりと正しいムダ毛処理の知識をつけることが大切です」とコメントしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …

学習・教育
KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、 …

学習・教育
高校生の長期留学を支援「ICC高校留学フェア」8-9月東名阪

 25年以上にわたり長期高校留学支援を行うICCコンサルタンツは2019年8月から9月にかけて、東京 …