小中学生のスマホ利用、8割以上が親子間ルール設定

学習・教育
 スマホを利用している小中学生の8割以上が何かしらの親子間ルールを設定していることが、NTTドコモ モバイル社会研究所が2018年11月20日に発表した調査結果より明らかになった。

 調査は、1都6県に在住する小中学生の子どもと保護者を対象に実施し、親子500組の有効回答を得た。調査時期は2018年9月。

 スマホ利用の親子間ルールを設定している割合は、小学1~3年生が81%、小学4~6年生が92%、中学1~3年生が98%。学年が上がるほど設定率が高かった。

 親子間ルールを設定している保護者を対象に、親子間ルールの内容を聞いたところ、いずれの学年も高い設定率だったのは、「スマホを使うのは決められた時間だけ」70~80%、「食事中にスマホを利用しない」68~82%の2つ。高学年になるほど「ながらスマホはしない」「面識のない人とは連絡や連絡先の交換をしない」「アプリをダウンロードするときの相談」「悩みや困ったことがあったらすぐに相談」「LINE・Twitter・掲示板などで個人情報や友達の悪口を書かない」「LINE以外のSNSで情報発信しない」など、より具体的な親子間ルールを設定している割合が高まっている。

 子どもがスマホ利用の親子間ルールを破ってしまった場合の対応は、「子どもと話し合う」が小学1~3年生で70%、小学4~6年生で59%、中学……(中略)…… 中学1~3年生で58%で、学年が上がると増加した。「子どもに注意する」はいずれの学年も73~74%だった。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オリィ研究所、分身ロボでテレワーク研究に参加するテストパイロットを募集

オリィ研究所は17日、分身ロボットを利用した新たなテレワークでの働き方や外出困難な環境での社会参加の …

学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …