小・中学生対象「第60回自然科学観察コンクール」応募締切10/31

学習・教育
 「第60回自然科学観察コンクール」の作品募集が始まった。対象は小・中学生でグループやクラス単位での研究作品の応募も可。応募締切は2019年10月31日(当日の消印または宅配便受付印有効)。

 自然科学観察コンクール(シゼコン)は全国の小・中学生を対象とした理科自由研究コンクールで、今年度で開催60回目を迎えた。小・中学生の子どもたちが身の回りで見つけた「なぜ?」「どうして?」という素朴な疑問を研究する機会を広く提供したいという思いから続けられている。

 作品は、動・植物の生態・成長の観察記録、鉱物、地質、天文、気象の観測など、テーマは自由。対象は全国の小・中学生で、オリジナルな作品であればグループやクラス単位での研究作品の応募もできる。全国規模の科学コンクールとの二重応募はできないが、学校や都道府県までの地域のコンクールなどに出品したものの応募は可。

 応募作品は予備審査、1次審査、最終審査を経て入賞作品が決定される。入賞者の発表は2019年12月下旬ごろの毎日新聞、毎日小学生新聞紙上、自然科学観察コンクールのWebサイト上で行われる。上位入賞者には、デジタルカメラをはじめ、研究に役立つ副賞が贈呈される。また、応募者全員に記念賞状と参加賞が与えられる。

 応募用紙に必要事項を記入し、作品に添付して応募する。なお1つの作品につきファイルや資……(中略)…… を記入する※壊れやすいものや危険物、飼育や栽培が必要な動植物・昆虫など、輸送や保管が難しいものの出品は不可

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …