宮崎県の地方大学と企業の連携で地域採用のシステム化始まる

学習・教育

宮崎大学みやざきCOC+地元定着推進室は11日、首都圏への人材流入で地方での人材確保が難しさを増すなか、宮崎県内の大学が連携して地域の産業や働き方を学ぶインターネット授業を整備し、規定の単位を取得した学生に発行する「認定証」を利用した、県内企業の採用システムの導入を始めたと発表した。

人口減少対策として同県内の高等教育機関、産業界、自治体が取り組む「みやざきCOC+(シーオーシープラス)事業」では、2015年度から、県内企業での働き方を学び、キャリア形成に活かす授業や、今後県内で成⻑を期待する産業に特化した7分野を学ぶ授業を新たに18科目整備し、インターネットでの配信授業を開講してきた。

昨年度までの受講学生は2000人を突破。2019年度から、所定の単位を取得した学生には「みやざき産業人材認定証」を発行している。

この認定証を取得した学生は、地方での働き方や、宮崎県の産業計画、県内産業を理解した、「地域に興味がある学生」として認定。

認定学生が、県内企業に就職する際に、優遇を受けられる「採用インセンティブ」もスタート。認定証を取得した学生は「一次試験免除」、「特別相談会への参加」、「エントリーシート優遇」など様々な採用優遇策が受けられる。

採用システムを導入した企業情報は、学生がインターネット授業を受ける……(中略)…… rel="noopener noreferrer">インターネット授業配信「みやざき授業配信システム」

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
医学部の受験勉強、25.2%が高1から…勉強方法やツールは?

 医学部受験経験者の7割近くが高校生から受験勉強を開始しており、特に「高校1年生」から始める人が多い …

学習・教育
文科省など、小学校プログラミング教育の充実図る「みらプロ2020」を発表

文部科学省、総務省、経済産業省が連携してプログラミング教育を推進するための組織「未来の学びコンソーシ …

学習・教育
中学受験で「最後に伸びる子」と「成績が上がらない子」の違いとは?

<!– –> 中学受験で最後に伸びる子の共通点! 成績が上がらな …