宅建の合格ラインは?2018年度宅建試験解答と予想合格ライン

資格・スクール
2018年度(平成30年度)宅建試験の解答速報

2018(平成30年度)宅地建物取引士資格試験 解答速報


※2018年度(平成30年度)宅地建物取引士試験問題
※オールアバウト宅建試験専門ガイド田中謙次による2018年度宅建士試験の解説動画
  2018年度(平成30年度)宅建試験の特徴 1.総評
2018年10月21日、宅地建物取引士資格試験が全国で実施されました。申込者は265,491人で、昨年度よりも6,980人も増加しています。難易度的には例年通りで、権利関係や税法に一部難易度の高い問題がありましたが、全体的には過去問をしっかりと勉強していれば正解を導けるものが大半でした。

2.権利関係
権利関係の問題は、例年通り、14問中5問程度が正答率50%前後となりそうな内容でした。しかし、残りの9問は過去問を通じて学び、基本的な判例を覚えていれば確実に正解できた問題でしたので、おそらく、合格者は8~10問程度正解するものと予想されます。なお、昨年まで出題されていた「条文の有無」の問題は今年は出題されませんでした。おそらく、もう出題されないと予想されます。

【関連記事】


3.法令上の制限・税法・価格評定
法……(中略)……  

予備校等による解答速報一覧 【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 8月の活動状況」を発表、副業に対して前向きな学生は約7割

 同調査は、2019年8月26日~2019年8月31日の期間に、2020年卒業予定の全国大学4年生お …

資格・スクール
「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える人事向け講座をプログラミングスクール7社と開講―LAPRAS

 エンジニア採用が非常に難しくなっている中、大きな課題として挙げられるのが、人事担当者のエンジニアリ …

資格・スクール
「資産拡大フェア2019」に株の学校ドットコム講師・窪田 剛が登壇!

受講者数日本一を誇る無料オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」(運営:株式会社トレジャープロモ …