学生国際ロボコン「WRO 2018タイ国際大会」に日本代表17チームが出場

学習・教育

WRO Japanは、小中高校生が参加する国際ロボコン「WRO (World Robot Olympiad)」に、日本代表選手団として、全国から選抜された17チーム60名を派遣する。

昨年の国際大会の様子 「WRO2017コスタリカ国際大会」

WROは、2004年にスタートした学生国際ロボットコンテスト。世界60以上の国と地域から6万人以上の小中高校生が参加しているという。

今年はその中から選ばれた400チームが集結して、決勝大会「WRO 2018タイ国際大会」が、16、17、18日の3日間にタイのチェンマイで開催される。

選手はレゴ社のロボットキット「教育版レゴ マインドストーム」を使って、ロボットのモデルデザインや自律的に制御するプログラムを開発し、与えられた課題を解決する競技に挑戦する。日本チームは、昨年の国際大会で、高校生のオープンカテゴリーと17歳以上を対象としたARC (Advanced Robotics Challenge) の2カテゴリーにおいて、それぞれ銅メダルを受賞しており、今年もいっそうの活躍が期待される。

関連URL

WRO 2018タイ国際大会

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… tp://www.wro2018.org/" target="_blank">WRO 2018タイ国際大会

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小学生の宿題、保護者の3割以上「始める時間を決めさせる」

 子どもを宿題に取り組ませるため、3割以上の保護者が「始める時間を決めさせる」対応をとっていることが …

学習・教育
新学習指導要領が示す学びの改革「主体的・対話的で深い学び」とは

学習指導要領は10年毎に見直されることになっている。2020年の改定の次は2030年。5年後でさえ、 …

学習・教育
【小学校受験】【中学校受験】【高校受験】県内の私立小中高が参加、愛知の私立学校展10/19・20

 愛知県私学協会は2019年10月19日と20日、「第35回2020愛知の私立学校展」をドルフィンズ …