学生・2年目までの社会人を対象にした「就業観に関する調査」を結果発表、6タイプのうち「状況観察型」が最多―デロイト

資格・スクール

 デロイトトーマツコンサルティングは、企業の採用活動における人材のターゲッティングおよびアプローチの検討材料として、国内学生および社会人2年目までを対象に実施した「就業観に関する調査」の分析結果を、6月25日に発表した。

 「就業観に関する調査」は、4月18日~20日の期間に実施。大学生920名、新卒2年目までの社会人442名、合わせて1362名から回答を得ている。

 調査結果から、大学生・新卒の就業観を、以下の6タイプに分類した。

状況観察型:会社選定において様々な軸で比較検討を行い、状況に応じて最適な意思決定を行う チームワーク重視型:職場の人間関係を何よりも重視し、大切な仲間とともに仕事を遂行することを志向する 自由重視型:自分のやりたいことを柔軟に行えることを重視し、仕事とプライベート両方の充実を志向する 安定志向型:企業や人間関係など、所属する環境が長期的に安定していることを重視する 自己裁量重視型:自己裁量で仕事を遂行することを重視し、キャリア初期にはチャレンジ経験を志向する プロフェッショナル志……(中略)…… -releases/nr20180625.html" target="_blank">プレスリリース)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2018年10月の「doda転職求人倍率レポート」発表、求人数・転職希望者数とも大幅に増加―パーソルキャリア

 10月の転職求人倍率は、前月比0.24ポイント減の2.11倍で、求人数は前月比102.3%、前年同 …

資格・スクール
急拡大で成長痛に苦しむ組織運営を救った新組織CSEと2つのシステムTeams/Reviews――メルカリ 衣川憲治氏

ビジネスと組織の成長スピードに、人事や組織が追いつけないという危機感 ――CSEの立ち上げの背景に関 …

資格・スクール
20代・スマホ世代のパソコンスキル低下に対し、採用や研修に活用できる“スキルチェックシステム”を11/22発売

ITサービスを展開する株式会社リオ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山下 隆浩)は、従来より展開し …