学生・2年目までの社会人を対象にした「就業観に関する調査」を結果発表、6タイプのうち「状況観察型」が最多―デロイト

資格・スクール

 デロイトトーマツコンサルティングは、企業の採用活動における人材のターゲッティングおよびアプローチの検討材料として、国内学生および社会人2年目までを対象に実施した「就業観に関する調査」の分析結果を、6月25日に発表した。

 「就業観に関する調査」は、4月18日~20日の期間に実施。大学生920名、新卒2年目までの社会人442名、合わせて1362名から回答を得ている。

 調査結果から、大学生・新卒の就業観を、以下の6タイプに分類した。

状況観察型:会社選定において様々な軸で比較検討を行い、状況に応じて最適な意思決定を行う チームワーク重視型:職場の人間関係を何よりも重視し、大切な仲間とともに仕事を遂行することを志向する 自由重視型:自分のやりたいことを柔軟に行えることを重視し、仕事とプライベート両方の充実を志向する 安定志向型:企業や人間関係など、所属する環境が長期的に安定していることを重視する 自己裁量重視型:自己裁量で仕事を遂行することを重視し、キャリア初期にはチャレンジ経験を志向する プロフェッショナル志……(中略)…… -releases/nr20180625.html" target="_blank">プレスリリース)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ホラクラシー鼎談《前編》――ヒエラルキー構造が組織の当たり前の中、どのように取り組んで実現してきたのか

話者 武井浩三氏(ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役) …

資格・スクール
当初は大苦戦したエンジニアの「採用広報」、その時見直した・作り直したものとは――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《前編》

大切なのは会社のブランドではなく「何ができる組織か」だった ――現在の業務内容について教えてください …

資格・スクール
社内のエンジニアが社外に情報発信してくれる「採用広報」の空気はなぜできたか――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《後編》

本記事の前編はこちらから。 エンジニアに社外へ発信してもらうには ――現在では積極的に社外へ発信され …