学生インターンシップは長期ほど満足、参加企業への就職志望度が倍加する―ディスコが調査結果を発表

資格・スクール

 インターンシップへの参加時期は、前年の調査と同様に「2月」が最多。しかし、その割合は低下し、代わって「8月」が増えるなど前倒しの傾向だ。「8月」「9月」の合計は3割強に達しており、大学の長期休み中の参加が主流となっている。

 参加日数は「1日」が最も多く、「半日」と合わせて56.1%となり、1日以内のショートプログラムへの参加が半数強を占めた。また、プログラム内容は「講義・座学」「グループワーク」が8割強で、「仕事体験」「実務」はごく少数となっている。

インターンシップへの参加日数(出典:プレスリリース)

 参加時期と参加日数との関係では、6月以前は1週間程度が最も多く、7月~9月は2~4日、10月以降は1日または半日が増加するなど、時期が遅くなるにつれて参加日数が短くなる傾向が見られる。

 参加時期と参加目的との関係では、6月以前は「自身の成長のため」が最も多い一方で、7月以降は「業界研究のため」が増え、10月以降は「その企業をより深く知るため」が増えるなど、企業研究の場としての活用が進んでいく。

 インターンシップ参加前後での、その企業への就職志望度の変化を尋ねた質問では、インターンシップ参加前は「この企業に就職したい」は2割程度だったが、参加後は42.4%に増加。実際に接点を持つことで、就職先として意識したり……(中略)…… 入るなど、志望業界や企業をある程度定めたうえでインターンシップに参加する学生が多いことがうかがえる。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
パリで生まれた無料のエンジニア養成機関の東京校「42 Tokyo」を開校、予算は5年間で50億円―DMM.com

 「42」は、フランスの事業家ザヴィエ・ニエル氏が個人資産を投じて開いた学校。フランスの教育や雇用の …

資格・スクール
現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方までサポートするキャリアコンサルタントの仕事

キャリア相談は健康診断を受けに行く感覚で ――まずは島村さんの日ごろのお …

資格・スクール
2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人はやや落ち着く―パーソルキャリア

 2019年10月の転職求人倍率は、前月比0.17ポイント減の2.52倍で、求人数は前月比100.6 …