学校へのPBL導入など支援する「次世代教育・産官学民連携機構」が設立

学習・教育

次世代教育・産官学民連携機構は28日、福島大学、アクセンチュア、企業教育研究会、ジュニア・アチーブメント日本の協力の元で設立されたと発表した。


本機構は、企業、国・地方自治体、学校、地域住民・非営利団体が連携して、学校に対し、 生徒や児童が自ら課題を発見し解決する課題解決型学習(PBL)などを導入した授業づくりを支援する。

この取り組みを通じて、次世代を担う日本の子ども達が、現実の社会で直面する課題に対して、自ら考え、人と共創し、自分事として取り組む姿勢、および実行していくための数学・科学的思考、論理的思考、デザイン思考、といった能力を持つことを目指す。

また、教育プログラムやその効果を科学的に分析し、日本の教育変革の実現と拡大に貢献することを目指すとしている。

本機構では、プログラムを必要とする教育現場と、プログラムや運営人材を保有する企業・NPOとのマッチングを開始している。長期的には、プログラムで得られたデータを分析し、 政策提言の支援も目指す。

2019年4月から、参画学校に対して、各校のニーズに合わせてプログラムを組み、課題解決型学習(PBL)授業を導入開始。また、アクセンチュアによる課題解決型ロボティクス教育プログラムや意思決定シミュレーションプログラムが含まれる授業も提供される予定……(中略)…… tps://www.cie-jp.org/" target="_blank">次世代教育・産官学民連携機構

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小学生が自宅で放課後時間を英語で過ごす「オンライン英語学童」

 G-netファーストイングリッシュは2020年8月11日より、小学生児童が自宅で平日の放課後時間を …

学習・教育
iTeachers TV 2020 夏休み特別企画 3ミニッツ祭り (第1回)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは12日、2020 夏休みスペシャル 夏休み特 …

学習・教育
ラリージャパン参戦を目指す学生たち、中日本自動車短期大学の挑戦

中日本自動車短期大学(NAC)は、2021年の世界ラリー選手権(WRC)への出場を目標とした、学生主 …