学校への携帯持込み、賛否分かれる…低学年ほど賛成多数

学習・教育
 携帯電話を学校に持ち込むことについて、中学生の保護者は「賛成」34.0%、「反対」31.2%と賛否が分かれることが、マクロミルが発表した調査結果より明らかになった。学年が低くなるほど、「賛成」の割合が多くなっている。

 「小中学生のスマホ・携帯電話の利用調査」は、第1子が小中学生である全国の20歳~59歳の保護者を対象に行われた。子どもの学齢を、小学校低学年(1・2年生)・中学年(3・4年生)・高学年(5・6年生)、中学生の4つに分け、各グループ250サンプル、合計1,000サンプルを集計している。調査期間は2019年2月14日~2月15日。

 なお、同調査は、文部科学大臣が2月19日に「小中学生の携帯電話やスマホの持込みを原則禁止とした通知を見直す方向」と表明する前に実施されており、設問では小中学校への携帯電話持参について、政府に先立って許可の方針を示していた自治体を例にあげ、聴取している。

 子どもの携帯電話の所有状況について、「持たせていない」と回答したのは小学校低学年70.8%・中学年56.8%・高学年44.0%、中学生29.2%だった。子どもに持たせている携帯電話の種類は、小学生ではいずれのグループでも「キッズ携帯」がもっとも多く、小学校低学年18.4%、小学校中学年27.6%、小学校高学年26.8%だった。「スマホ」は、小学校低学年・中学……(中略)…… 代にしかできない友達とのコミュニケーションをしてほしい(40代男性/中学生の保護者)」などがあがっている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
2024年度の都内公立中学生6.6%増…中央区45.1%増加

 東京都教育委員会は2019年9月19日、令和元年度(2019年度)教育人口等推計(速報値)の概要を …

学習・教育
大宮北高、タブレットや授業支援ソフトなどICTを活用した公開授業

さいたま市立大宮北高等学校は、「大宮北高校のICT ~一人一台タブレットで授業が変わる~」と題した授 …

学習・教育
公立小中学校の冷房設置率、東京・滋賀・香川は100%

 公立学校の冷房設置率は78.4%と、前年度より18.2ポイント増えていることが2019年9月19日 …