子ども医療費の援助、県は就学前・市区町村は中学生までが最多

学習・教育
 厚生労働省は2019年8月7日、2018年度「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」の結果を公表した。医療費の援助は、すべての都道府県・市区町村が実施。対象年齢は、都道府県で就学前までの児童、市区町村で15歳年度末(中学生まで)がもっとも多かった。

 各市区町村が実施する乳幼児などに係る医療費の援助は、各都道府県が要綱などに基づき補助している。厚生労働省では、2018年4月1日現在における援助の実施状況を調査。結果を取りまとめ、各都道府県に報告するとともに、Webサイトにも掲載している。

 都道府県における実施状況について、通院・入院ともに47都道府県すべてが援助を実施。対象年齢は「就学前」がもっとも多く、通院が25都道府県、入院が20都道府県だった。通院は、「4歳未満」「5歳未満」「就学前」を合わせると29都道府県が援助を実施。入院は、「就学前」についで、16都道府県が「15歳年度末」に援助を実施している。

 市区町村における実施状況については、通院・入院ともに1,741市区町村すべてが援助を実施。対象年齢は「15歳年度末」がもっとも多く、通院が1,007市区町村、入院が1,082市区町村だった。そのほか、通院で541市区町村、入院で586市区町村が「18歳年度末」を対象年齢としている。

 所得制限について、47都道府県のうち、通院……(中略)…… 歳年度末」。所得制限と一部自己負担に関しては、23区すべてが「所得制限なし」「自己負担なし」となっている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …