奈良市、市立小中学校にSNS相談アプリ「STOPit」導入

学習・教育

奈良市は23日、市立小中学校においてこれまで電話やメールを活用して取り組んできたいじめ問題の相談体制をさらに強化するため、SNS相談アプリ「STOPit」を導入することを発表した。

市立中学校21校の全生徒約8000人と、市立小学校43校の5、6年生約5500人を対象に、啓発ポスターやチラシを配付して、子どもだけでなく保護者へも啓発を行うとともに、STOPit事業者から各学校へ研修講師を派遣し、9月7日から学年ごとに「いじめの脱傍観者授業」を実施する。

授業の受講後、児童生徒にアクセスコードを配付し、各自で「STOPit」アプリをダウンロードしてもらう。また24時間相談電話と連携し、緊急の事案や時間外には、ワンタッチで電話相談につなげることもできるようにする。

市では、SNS相談アプリは子どものコミュニケーションツールの変化に対応しているため、今後相談件数の増加が予測されるとしている。また、自殺をほのめかすような投稿に対しては、学校と学年が紐づけられているため、対応がしやすいと期待している。

ストップイットジャパンを立ち上げた谷山大三郎氏は、「STOPit」の使い方を説明するのではなく、導入する意味と意義を理解してもらうため、同アプリの導入にあたっては、必ず直接教育委員会や学校に出向いて事前の説明から模擬授業、講演会を実……(中略)…… ストップイットジャパン

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …

学習・教育
KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、 …

学習・教育
高校生の長期留学を支援「ICC高校留学フェア」8-9月東名阪

 25年以上にわたり長期高校留学支援を行うICCコンサルタンツは2019年8月から9月にかけて、東京 …