大日本印刷、小学校と塾が連携し遠隔指導を行う実証研究

学習・教育
 大日本印刷(DNP)は2018年12月11日、奈良市教育委員会や新宿区立の小学校などと共同で、塾講師が遠隔で小学生を指導する実証研究を行うと発表した。実証研究は、経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択された。

 大日本印刷は2017年9月より、月1・2回の単元テスト実施後に、クラウド上のシステムでテストの解答内容を自動的に分析し、個々の児童・生徒の能力や特性に合った復習教材を提供する「個別最適化学習サービス」を実施している。

 このたび、大日本印刷は奈良市教育委員会や奈良市立柳生小学校、新宿区落合第六小学校と共同で、放課後に塾講師が遠隔で小学生を指導する実証研究を行う。復習教材は、児童の能力や特性に合ったものをDNP学習クラウド「リアテンダント」より提供する。実証研究期間は、2018年11月~2019年2月。

 実証研究の流れについて、小学校の授業で単元テスト実施後、児童ひとりひとりの能力や特性に合った復習教材を提供し、児童は配布された問題を解いて復習する。その後、児童自身が採点し、その結果を学校の先生がワオ・コーポレーション(民間の学習塾)に送付する。ネットワークシステムにより、児童と塾講師を1対1でつなぎ、復習教材をもとに遠隔で40分間の個別指導をする。指導終了後、指導内容や児童の理解度などをネットワーク上の連絡帳に記載し、学校の先生と塾講師で児……(中略)…… などをネットワーク上の連絡帳に記載し、学校の先生と塾講師で児童の学習状況を共有して、今後の指導に活用する。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
新型コロナ対策、東京都立学校が春休み前倒しや時差通学

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都は2020年2月26日、都立学校について春休み期間を …

学習・教育
「新型コロナウイルス対策にテレワーク無料提供」発表後の問い合わせ状況

ビットブレインは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、1月30日にテレワーク製品「SPG-Rem …

学習・教育
iPadを使った小学生向けそろばん教室「そろタッチ」開講

 TASUKE塾・聖蹟桜ヶ丘校は、放課後毎日通える「放課後タスケクラブ」内に、iPadを使った独自の …