大学受験の準備は、いつから何をするもの?

学習・教育
<!----> <目次> 大学受験の準備……まずは高校1年の2学期に「文理選択」の決断が

大学受験の準備は早めに考えたい

大学受験に向けた準備は、早いに越したことはありません。事実、高校でも大学進学のための準備は1年生からスタートします。3年生になってから慌てない、後悔しない進路選択のために、今から将来を見据えた大学受験の準備を始めましょう。

まず最初に訪れる大きな決断は「文理選択」。高校2年以降に文系と理系のどちらの分野に重点をおいて学んでいくのかを決めます。スケジュールや選択方法は高校により異なりますが、高校1年の夏頃に調査が始まり、秋には決定するのが一般的です。

学問研究の場となる大学では、どの分野の学問を専攻するかによって入試の科目が異なりますが、高校での文系と理系はそれを大きく2つに分けたもの。学部・学科や大学選びに影響する重要なポイントです。つまり将来の職業にも関係することですから、「数学が苦手」「国語が嫌い」などというネガティブな考えからの選択は後々後悔することになりかねません。自分の興味・関心のあること、気になる職業がどんな学問と関連があるのかを事前に調べておくと、文理選択がスムーズにできるでしょう。
 

高校2年から大学受験に向けて、学び……(中略)…… を祈ります。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
灘の大学合格実績、東大79人・京大49人

 灘高等学校は、2020年度入試の大学合格者数を発表した。東京大学に79人、京都大学に49人、慶應義 …

学習・教育
第3回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」作品募集を開始

樫尾俊雄発明記念館は9日、発明による社会貢献の喜びを次世代に伝えることを目的とした、第3回「樫尾俊雄 …

学習・教育
小学校教員向けオンライン研修「プロゼミ for Teachers」7/18

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発した小学生向け無料プログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ …