大学入学共通テスト…試行調査の結果報告を受け、駿台講師が分析

学習・教育
 駿台は2019年4月5日、大学入試センターが発表した「大学入学共通テスト」試行調査(プレテスト)の記述式問題結果報告について、駿台講師による分析コメントを掲載。試行調査は2018年11月に実施され、協力校1,453校で6万8,409人が受検している。

 試行調査は、2020年度の大学入試共通テスト導入に向け、2017年度より行われている。第2回となる2018年度試行調査(プレテスト)は、2018年11月10日・11日の日程で実施。2019年4月4日に大学入試センターが結果報告を公表している。

 駿台では、試行調査のうち数学と現代文の記述式問題について、駿台講師が分析を行った。数学の分析では、試行調査記述式問題の結果、試行調査記述式問題に対する大学入試センターの分析、記述式問題からみる共通テストの展望についてコメントを掲載。記述式問題は数学IAの共通問題において3問の小設問(あ)(い)(う)として出題され、その正答率は(あ)5.8%、(い)10.9%、(う)3.4%だった。分析コメントではそれぞれの問題はどのような問題だったかを解説し、「どれも数学的表現力を試す適切なレベルの問題」と評した。そのほかに、各問題の正答率について、誤答率と無解答率からみた分析も掲載している。

 記述式問題からみる展望では、記述式を加えた新たなテスト形式となることについて、セ……(中略)…… コメントしている。

 駿台講師による分析コメントは、駿台Webサイトに公開。誰でも閲覧できる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …