大企業向けeラーニング「LearnO 」シングルサインオンを提供開始

学習・教育

Mogicは10日、同社のeラーニングシステム「LearnO (ラーノ)」において、他のグループウェアなどと同一のログインIDで利用できるシングルサインオン (SAML認証) の提供を開始した。

「LearnO」は初期費用0円、月額9800円(利用者100人まで)(税別)から利用できる、大企業向けのeラーニングシステム。目的に応じた豊富なオプション機能、充実したアフターフォローを提供している。

近年、大企業を中心にグループウェアなどクラウドサービスの導入が大幅に進み、1人の利用者がサービスごとに異なるログインIDやパスワードを持つ状況となってきた。そのため、アカウント管理やセキュリティ基準の統一が難しくなってきたことから、シングルサインオンを積極的に導入する企業が増えている。

特に、MicrosoftやGoogleのクラウドサービスとの親和性が高いSAML認証の要望が多く、同社では今回の「LearnO」でのログイン連携の開始にいたったとしている。

関連URL

LearnO

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)……

LearnO

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …