外国人IT人材向けに特化した日本語動画コースを提供開始、開発シーンを設定した講義―シェアウィズ

資格・スクール

 オンライン学習プラットフォーム「ShareWis」を運営するシェアウィズと、日本語教育を行うジャパンオンラインスクールは、ShareWis上で外国人IT人材向けに特化した日本語動画コース「IT Business Japanese Course - ITビジネス日本語講座」の販売を5月29日に開始した。スマートフォンやタブレットからも受講できる。

 国内で働く外国人IT人材は、日本人IT人材不足を背景に近年増加傾向にあり、平成26年では3.2万人。政府の日本再興戦略においても、高度外国人材の受け入れ要件が緩和されるとともに、高度外国人材受入環境の整備などを求めている。

 一方で、外国人が日本国内や日本企業で働くときに障害となるのが日本語。外国人がビジネス日本語を学ぶ研修では、敬語をメインに学ぶケースが多いというが、IT業界では比較的カジュアルな会話も多く、また、エンジニアは社外より社内メンバーとの会話が多いため、敬語の習熟は必須ではない。シェアウィズでは、こうしたITビジネス日本語に特化した教材が必要と考え、同講座の提供を開始すると述べている。

 講座の特徴ならびに内容は以下のとおり。IT人材の業務に合わせた10種類の場面別動画コンテンツを提供する。ビジネス日本語を扱うため、日本語能力試験(JLPT)のN2レベル……(中略)…… 顧客デモ 顧客検収テスト・アフターサポート 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
アオバ三鷹キャンパス、国際バカロレアPYP候補校認定

 「ゆりかごから経営者まで」生涯に渡るリカレント教育プログラムの株式会社ビジネス・ブレークスルー(所 …

資格・スクール
クラウド人材管理ツール「カオナビ」上で適性試験「SPI3」の正式提供を開始―カオナビ

 カオナビは、2017年9月の「SPI3」とのサービス連携発表以来、一部のユーザー企業にSPI3の試 …