変わる小学校英語教育、期待感を持って捉える保護者が半数以上=イーオン調べ=

学習・教育

イーオンは、全国の小学生の子どもを持つ保護者1236名を対象に7月に「子どもの英語学習に関する意識調査2019」を実施、7日その結果を公表した。


来年度から行われる「小学5・6年生時の英語の教科化」および「外国語活動の小学3・4年生への早期化」について、「とても期待している」「どちらかと言えば期待している」を合わせて52.3%の保護者が期待感を持っていることが明らかとなった。また、すでに子どもの学校で先行導入が開始されている人に限れば、6割を超える人が「期待している」と回答した。さらに、小学校に加え、中高の英語教育の変化(原則英語での授業運営)、大学入試改革など、総合的な日本の英語教育改革についても期待していると回答した保護者が48.1%となり、「期待していない」の39.8%を上回った。

子どもの通う学校で、学校からの情報提供を含め、教科化・早期化スタートに向けた準備が進んでいると感じるかを訊ねたところ、「準備が進んでいると感じる」「ある程度準備が進んでいると感じる」を合わせて43.4%となり、「あまり準備が進んでいないように感じる」まったく準備が進んでいないと感じる」の34.0%を上回った。地域別では、「準備が進んでいると感じる」「ある程度進んでいると感じる」を合わせて49.0%の西部エリアが最も高い数値となった。

小学……(中略)…… ="https://www.aeonet.co.jp" target="_blank">イーオン公式サイト

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …