塾の合格実績、基準を統一…全国学習塾協会が周知

学習・教育
 全国学習塾協会は2019年2月25日、「合格実績」に関する自主基準の改正について、全国の塾事業者へ周知した。合格実績に含むことのできる塾生徒の範囲を「受験直前の6か月のうち、継続的に3か月以上在籍し、かつ受講時間数が30時間を超える」と規定した。

 全国学習塾協会は、子どもの安心・安全のために「学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン」を定め、実践するよう普及推進している。また、顧客の安心・安全のために、学習塾事業を行ううえで事業者が守るべき基本的事項として「学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準」と「自主基準実施細則」を定め、それらを実践するよう普及推進している。

 2018年10月8日の自主基準実施細則の改正では、「合格実績に含むことのできる塾生徒の範囲を決定するための基準」「合格実績に含むことのできる受講内容」「合格実績の広告に明示すべき事項」を規定した。

 合格実績に含むことのできる塾生徒の範囲は、受験直前の6か月間のうち、継続的に3か月を超える期間、当該学習塾に在籍し、通常の学習指導を受けた者とし、かつ、受講時間数が30時間を超える場合とする。なお、当該時間に受験直前における集中講義などの受講時間を含めてもよい。なお、受験直前は受験日当日の前日にあたる。また、受験直前の6か月間の中であれば、途中で契約解除になっている生徒も塾生徒……(中略)…… 動の適正化に関する自主基準」と「自主基準実施細則」の全文は、全国学習塾協会のWebサイトに掲載されている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
未来を見据え「子どもたちの学び方改革」に挑む新渡戸文化中学校

 近代日本の偉人で、世界的ベストセラー「武士道」の著者としても知られる新渡戸稲造は、1928年に新渡 …

学習・教育
Society5.0時代に向け「ICT教育」を推進する文科省の本気度

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」を読む 6月25、文部科学省から「新時代の …

学習・教育
イー・ラーニング研究所、8つの児童施設に学習機材タブレットを寄贈

イー・ラーニング研究所は15日、台東区社会福祉事業団が運営する8つの児童施設に、フォルス学習システム …