地頭(ジアタマ)のよい子はこうして育つ

学習・教育
考えない小学生が増えている 次の算数の問題を読んで解いて下さい。

【問題】
『食べると筋肉がつくという筋肉豆腐があります。食べるとその重さの半分がタンパク質に変わり、そのタンパク質の半分が筋肉として身につくことがわかりました。では100gの筋肉をつけようとしたら、この豆腐を何グラム食べたら良いでしょうか。』


「なんだ、簡単じゃないか。400gに決まっている」と思われたでしょう。ところが小学校4年生くらいの生徒で、この問題ができない生徒がたくさんいます。出来る生徒が2割で、首を傾げる生徒が8割。公立小学校に通って成績が普通または良い方の生徒にも見られます。その一方1年生でパッと答えられる生徒もいます。

筋肉豆腐の重さは不明ですが、半分の半分が100gなので、2倍の2倍して400gが元の豆腐の重さになりますね。小学生では最初に重さがわからない時点で「?」クエスチョンマークが頭の中に点灯。そこで思考停止してしまうのです。逆算するということに思いが至らない。

この問題は『絶対学力』という本を書いている糸山泰造氏が考案した「良質の算数文章題集」の中の一問です。2年生レベルとされています。ガイドの経験では普通の小学生では1学年下の問題でも難しすぎるため2学年下を与えています。

なぜ多くの生徒が……(中略)…… ら地頭が良い生徒は育ち方に違いがあるようなのです。

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
学生国際ロボコン…ARC部門で日本が銀メダル、4チーム入賞

 学生国際ロボットコンテスト「WRO2019ハンガリー国際大会」のARC部門で、チーム「KAIT S …

学習・教育
AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam …

学習・教育
年長でやる算数はどこまで?小学校入学までに準備したい算数学習

<!– –> 小学校入学前にする算数の準備は? 年が明けるとあっ …