地域の子どもと学生が楽しむ「共育フェスティバル」10/27

学習・教育
 國學院大學人間開発学部は、第11回「共育フェスティバル」を2019年10月27日、横浜たまプラーザキャンパスで開催する。地域の子供たちに学びと発見を体験してもらう企画を多数用意。当日は地域交流スポーツフェスティバルも同時開催する。参加無料。

 人間開発学部が創設されて10年が経過。「共育フェスティバル」は「共に育つ」ことを目標に掲げ、子どもや地域の人たちが共に輝く体験づくりのために毎年開催している。「キラキラはちみつ教室」では、たまプラーザでとれたハチミツを使ったバスボム作りを行う。ハロウィンをイメージしたクッキーを作る「親子deクッキング」、オリジナルのプラネタリウムを作る「きらめきの輪」など、未就学児でも参加できるプログラムになっている。

 絵本の読み聞かせ、書道パフォーマンス、ゲストによるコンサートや劇、手作りで楽器を作るコーナーも。「手話で歌おう」「障害ってなに?」、意思表示の難しい人たちが綴った詩や絵画を展示した「いのちかがやくギャラリー」など、さまざまな人たちとの交流の場を作っている。また、トークショーや高校生を対象にした入試ブースも設ける。

 さらに、人間開発学部地域ヘルスプロモーションセンターは、第5回「地域交流スポーツフェスティバル」を体育館と球技場で同時開催。子どもからシニア世代までを対象に、野球遊びや、専門知識を持った教員と学生……(中略)…… 月27日(日)10:00~15:00会場:國學院大學横浜たまプラーザキャンパス 体育館・球技場参加費:無料

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小学校教員向けオンライン研修「プロゼミ for Teachers」7/18

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発した小学生向け無料プログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ …

学習・教育
IIBC、「2019年TOEIC S&W」の世界の受験者スコアとアンケート結果を発表

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は9日、TOEIC Programを開発しているEdu …

学習・教育
【夏休み2020】オンラインで「スコップ・スクール」小学生募集

 子どもの感性と表現力を育てる「SCHOP SCHOOL(スコップ・スクール)」は2020年8月、小 …