国際協力×留学を無料で組み合わせ「Social留学」サービス開始

学習・教育
 コネクト&フロウは2019年5月1日、留学と国際協力を無料で組み合わせられる「Social留学」を開始した。Social留学は、留学費用の3%が加盟団体に寄付され、海外挑戦と社会貢献が循環する新しい仕組み。留学生は留学費用のみで国際協力やインターンに参加できる。

 コネクト&フロウでは、従来の留学形態が「留学生」「留学エージェントと語学学校」の2者がメインとなっている状況を受け、2者に加え「留学先の地域」への貢献や利益還元を実現したいとの思いから、現地のNGO・社会的企業と連携することで「留学」と「留学先の地域への貢献」を同時に可能にする「Social留学」を開始した。

 「Social留学」では、現地の情報に詳しい専門アドバイザーが留学に海外ボランティア・インターンを組み合わせて提案。平日は語学学校で通常通り授業を受け、週末にボランティアやスタディツアーに参加する。午前中に学校で授業を受け、午後にインターンに参加するなど、国際協力・海外インターン・留学をカスタマイズすることができる。

 留学アドバイザーとSocialアドバイザーによるサポートを受けられるため、「まだやりたいことが明確でないが、国際協力に興味がある」「学校の授業だけでなく、国際協力やインターンを通じて現地で通用する英語力を磨きたい」「現地のNGOや社会的企業で働く経験……(中略)…… ンやボランティアを紹介。地域や関わり方、SDGsの活動テーマから自分の希望にあったものを探すことができる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
開成の大学合格実績2019、東大186人・早慶420人

 開成高等学校の2019年大学入試結果を見ると、東京大学に186人、慶應義塾大学に198人、早稲田大 …

学習・教育
NSSOL、小学校向けプログラミング教材をWebサイトで無料公開

日鉄ソリューションズ(NSSOL)は18日、新学習指導要領に準拠し、Webサイトからすぐに使える小学 …

学習・教育
【大学受験2021】大学入学共通テスト・大学入試英語成績提供システム日程掲載、河合塾

 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は2019年7月18日、2021年度入試以降の情報に「 …