国語力の基礎は「読書」と「親子の会話」で育む

学習・教育
活字離れの弊害 

幼児からの読書週間が重要

書籍の販売部数が減少傾向にあるなど「活字離れ」が顕著になってきているようです。ノンフィクション作家の佐野眞一氏によると、「読む」というのは、読書だけではなく、「相手の気持ちを読む」といことにも通じていると指摘しています。

読書で「読む力」を磨くことで、勉強に役立つだけではなく、コミュニケーション能力の土台となる「相手の気持ちを読む力」も養うことができるのです。

多くの親御さんは、「お子さんに本をたくさん読んで欲しい」と願っていることでしょう。そのためには、お子さんが一人で本を読めるようになるまでは、読み聞かせをたくさんしてあげてください。読み聞かせは幼稚園までと決めているご家庭も多いようですが、小学校に入ってもお子さんが希望するのであれば続けてください。

音読の効果  お子さんが自分で本を読めるようになったら、小学低学年までは学校の教科書は音読をさせましょう。音読には2つの効果があります。歌を口ずさんでいると歌詞を自然と覚えられるように、耳から音として入ってきたものは記憶に残りやすいものです。声に出して読むことで、本に載っている内容をより覚えやすくなります。

次に、黙読をしていると、分からない漢字や語彙が出てきたときにお子さんが読み飛ばしていたとしても、親御さんは気づくこ……(中略)…… 習ったことを思い返して説明することで、学力の定着につながります。

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ドコモ、小学校向け教材「センサープログラミングPIoT(ピオット)」

 NTTドコモは2020年8月6日、小学生向けプログラミング教材「センサープログラミングPIoT(ピ …

学習・教育
アシアル、茨城県に「Monaca Education」を提供開始

アシアルは5日、茨城県が推進する「プログラミング・エキスパート育成事業」にプログラミング学習環境「M …

学習・教育
中学受験の算数、勉強法とは? みんなが陥りがちな誤解3つ!

<!– –> 中学受験の算数勉強法の誤解3つ! 親や塾講師も勘違 …