問題解決プロセス ビジネスで使える4ステップ

スキルアップ
問題解決のプロセスは4段階ある ロジカルシンキングを活用した問題解決には4つのステップがあります。問題を発見する・問題を正しく捉える 問題の根本原因を突き止める 打ち手を考える 実行プランに落とす
です。それぞれのステップでロジカルシンキングを使うことで問題解決を図ることができます。第1ステップ 「問題を発見する・問題を正しく捉える」

ロジカルシンキングを使った問題解決


最初のステップは「問題を発見する・問題を正しく捉える」です。問題を発見する、正しく捉えるというのは、解決すべき問題がそもそもなんなのだろうか? ということを問いかけるステップです。

解決すべき問題が定義できれば、あとはその原因を追究することで問題を解決することができますが、往々にして「問題そのものの所在がわからない」ことが多いのです。

問題が何か? という認識が皆バラバラだったり、そもそも問題を間違えて捉えている場合もあります。

例えば、

人や部署によってゴールのイメージが違うのに、誰かのゴールイメージが前提で話が進み、議論がかみ合わない 立場が違う人が違う視点で問題をとらえているため、共通認識がない スコープ(対象、範囲……(中略)…… 断・検査と同じように、問題における「病原」を特定しないといけないのです。

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
プレゼンテーションの資料の作り方!4つのコツとスライドのサンプル

<!– –> プレゼンテーションの資料の作り方と注意点 プレゼン …

スキルアップ
断り方3つのポイント!相手を不快にさせない上手な「ノー」の伝え方

<!– –> 上手な断り方で相手を不快にさせずに「ノー」を伝える …

スキルアップ
『数秘術鑑定士&パワーストーンセラピストW資格取得講座』新規リリース!

▼数秘術鑑定士&パワーストーンセラピストW資格取得講座 https://www.c-c-j.com/ …