問題児こそが輝ける社会に…既存の学校を覆す「Loohcs」2019年4月開校

学習・教育
 Loohcsは2018年11月14日、2019年4月に「Loohcs(ルークス高等学院)」を開校すると発表した。合わせて同日より1期生の出願受付を開始した。

 「Loohcs(ルークス高等学院)」は、「思いやりのココロをカタチにできる」人材の育成を目的とし、Loohcs代表・斎木陽平氏とリバースプロジェクト代表・伊勢谷友介氏を発起人とし、開校する。

 高校1~3年を対象とし、リベラルアーツプログラム(教養教育)、多文化理解を促すダイバーシティプログラム、起業の実践、プログラミングおよびデザインイノベーションのスキル体得を目指すカリキュラム構成だ。在学中は提携の東京都立代々木高等学校(全日・通信制)に同時に在籍する仕組みで、学校教育法第一条校となる高等学校の卒業資格も得られる。

 開校に際して開催された記者発表会に登壇した「Loohcs(ルークス高等学院)」校長の斎木氏は「現在行っているAO義塾のノウハウを生かしながら、来たる人生100年時代に備えて、人間らしい思考力、発想力、表現力を身に付けられる学校を開校します。世の中で問題児と呼ばれている子どもたちが輝ける機会を提供し、そういった子どもたちこそが次世代を牽引する存在であることを示したいと思います。既存の学校像を覆す意味をこ込めて『学校(school)』を逆さに綴り、『Loohcs』と名付けました。」……(中略)…… 18年12月28日15:00※出願はWebまたは郵送で受付ける※2期以降の募集については募集要項参照のこと

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オリィ研究所、分身ロボでテレワーク研究に参加するテストパイロットを募集

オリィ研究所は17日、分身ロボットを利用した新たなテレワークでの働き方や外出困難な環境での社会参加の …

学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …