原稿の応募率を上げていく! 見落としがちな原稿の項目と記入例

資格・スクール
本記事について(編集部)

本記事は、Google しごと検索の情報サイト「ググチエ」が、2019年5月7日に公開したこちらの記事を、ググチエを運営する株式会社ウィルビーの協力により転載しているものです。

 媒体に求人の掲載を依頼する場合は、運営会社が原稿を作成してくれるケースがありますが、自社のサイトでGoogleしごと検索に掲載させていく場合、自分で応募を獲得しやすい原稿に仕上げていく必要があります。

 自分はしっかり書いているつもりでも、原稿を細かく見直すと、単語が抜けているなど求職者に伝わりにくい書き方になっていることがあります。

 今回は原稿の項目をより詳細に書き、応募率を上げる方法について、解説をしていきたいと思います。

応募率が上がる原稿の条件について

 まず求職者より仕事が多い現在において、「より条件が明確な求人」に対して、応募が集まる傾向があります。

 当然求職者はお仕事に応募する前は、原稿からしか情報を得ることができないため、慎重に確認し、条件が明確な求人に応募をします。

 応募率が高い原稿を書くためには様々な条件がありますが、今回は「できる限り詳細に項目を書く」ことで、条件を明確化する方法について触れていきたいと思います。

 下記に具……(中略)…… を作成している側は気づかないことも、求職者にとっては重要なこともあるので、注意して原稿を作成していきましょう。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
システムディ、新製品 クラウド型会員管理・会費回収システム『Smart Hello』発表

特定業種、特定業務向けにパッケージシステムを開発・販売する株式会社システムディ(所在地:京都市中京区 …

資格・スクール
実践的なプログラミングスキルを可視化する「アルゴリズム実技検定」を開始、12月14日に第1回試験―AtCoder

 企業は高いプログラミングスキルを持つ高度IT人材の確保に乗り出しているが、プログラミングスキルを把 …

資格・スクール
漢検一級と準一級の違いを問題を例に解説!レベル、難易度の差は?

<!– –> <目次> 漢検一級と漢検準一級では試験難易度が違う …