博士・ポスドクのインターンシップ参加率は5割にとどまる―アカリク

資格・スクール

 調査は2020年度(2020年4月~2021年3月)中に就業開始を希望する大学院生・ポストドクターを対象に、6月27日~7月12日に行われ、134名(修士97名、博士35名、ポストドクター2名)から回答を得ている。

 インターンシップ参加率は修士70%超に対し、博士/ポスドクでは約50%、また理系が約70%に対し文系は50%となった。

 インターンシップに参加した87名のうち、20%がインターンシップ先の企業の1つを就職先として選択している。

 「就職活動を終了している」のは修士で80%、博士/ポスドクでおよそ50%。そのうち72%がインターンシップの参加経験があった。一方で「就職活動を継続している」と答えたうち、インターンシップの参加経験があると答えたのは半数にとどまった。

 「研究職を希望」と「研究職/非研究職どちらも希望する」を合わせると、修士の60%、博士の85%が研究職を希望している。

 また、内定獲得数について、1社以上の内定を獲得したもののうち修士の70%、博士の78%が1~2社の内定獲得となっており、3社以上の複数の内定先から就職先を選ぶ場合は少数だった。

関連リンク

記事の全文を……(中略)…… 1~2社の内定獲得となっており、3社以上の複数の内定先から就職先を選ぶ場合は少数だった。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ソフトバンクの新卒採用選考における動画面接の評価を共同開発したAIシステムでサポート―エクサウィザーズ

 エクサウィザーズは、熟練の採用担当者の観点を学習させた同社の動画解析モデルに、新たに提出された動画 …

資格・スクール
教師のためのオンラインスクール「しあわせ先生塾」【第3期】体験会を6月4日・5日開催!

先生の不安、悩みを解決するオンラインスクール、しあわせ先生塾(所在地:埼玉県さいたま市、代表者:梶谷 …