医学部合格までの準備と費用、合格者の共通点とは? 河合塾に聞いた

学習・教育
 医学部を目指す生徒は、入試に向け、どのように準備を進めていくのか。保護者としては費用も気になるところだろう。長年にわたり医学部受験生たちを間近で見守り続けてきた、河合塾の医進特化校舎である麹町校の神本優校舎長に聞いた。入塾学年・費用・受験校数

--医学部定員はここ数年増加傾向にありますが、志願者はいつから医師を目指し、受験対策を始めるのでしょうか。

 麹町校には中学3年生から医学部向けのコース設定があり、多くの私立中高一貫校の生徒は中3で入塾しています。一方で高校進学後に医師になりたいと決意する生徒もいて、高1・2生で入塾する生徒も多いです。首都圏はお医者さんのご家庭も多いので、早くから医師を目指す意識の高い生徒が集まっています。

--医学部進学のための平均的な塾費用を教えてください。

 河合塾の場合、中3生の英語が年間13万4,500円(90分授業)、数学は年間15万500円(120分授業)です。高1・2生の1講座当たりの学費は年間18万5千9百円(150分授業)が基本です。英語と数学を取るケースが多く、2講座とって年間37万1,800円という生徒がもっとも多いです。高3生になると多くの生徒が理科を追加します。英語・数学・理科2科目の受講で年間68万6,400円(180分授業)です。また、高卒生は授業時間が増え、年間74万5千円ほどかか……(中略)…… を続けている医学部志願者たち。その思いが叶うことを願わずにはいられない。

(取材協力:河合塾)

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …