分析レポート「残業はないが成長もない、“ゆるブラック企業”を見える化する」を発表、IT業界は自身のライフスタイルと相談しながら成長も追求できる業種―ヴォーカーズ

資格・スクール

 同レポートでは、同社が運営する就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」に登録された20代の社員クチコミデータから、月の残業時間が60時間以上で、そのうち社員クチコミデータの「20代成長環境スコア」(5.0満点)が4.0よりも高い人(8.3%)を、「自分の成長に繋がる修羅場経験」をすることができた人として分析している。

 「自分の成長に繋がる修羅場経験」ができる企業の規模としては「100人未満」(11.6%)がもっとも高く、業種別での「IT・通信・インターネット」は10.5%だった。

「自分の成長に繋がる修羅場経験」ができる企業の属性

 残業が月60時間を超えている人の割合を示す「ハードワーク率」と、残業が月60時間を超えている人の中で、20代成長環境スコアが4.0以上と高い人の割合を示す「育った率」という視点で見ると、「IT・通信・インターネット」の「ハードワーク率」は20.6%と低い一方、「育った率」は51.0%と高い。ヴォーカーズはこの点について、「ハードワークの仕事に当たれば成長できるが、そうした仕事ばかりなわけではない、という意味で自身のライフスタイルと相談しながら成長を追及できる業種といえるかもしれない」と述べている。

「ハードワーク率」と「育った率」から見た「自分の成長に繋がる修羅場経験」ができる企業の属性 関連……(中略)…… ている。

「ハードワーク率」と「育った率」から見た「自分の成長に繋がる修羅場経験」ができる企業の属性 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
データサイエンティストが成果を上げる会社のあり方と、彼らが成長するための条件とは――STANDARD 石井大智氏

全社的なチームビルディングは不可欠 マスクド:石井さんはAI・データサイ …

資格・スクール
宅建勉強のスケジュール!合格できない理由と注意点

<!– –> 模擬試験を受けなければ宅建試験に合格できない? 学 …

資格・スクール
子供向けプログラミング体験イベントを9月15日に福島ロボットテストフィールドで開催

TEPIA先端技術館(東京都港区)は、9月15日(日)に、ロボット、ドローンをはじめとしたプログラミ …