出版社ら38社、全国の学校に「電子書籍の定額制読書サービス」提供

学習・教育
 eライブラリー有限責任事業組合は2019年4月より、全国の教科書供給会社の有志29社と出版社企業8社が共同開発した小中高等学校向けの電子書籍サービス「School e-Library(スクール イー ライブラリー)」を有料で提供する。

 「School e-Library」は、小中高等学校向けの電子書籍サービス。企画に賛同した出版社8社は、提供する商品やサービスの数ではなく利用期間に対して対価を支払う「サブスクリプションモデル」での書籍提供の協力について同意し、原作者の了解を得ることで実現した。

 2018年12月より希望する学校に対して無料でテストサービスを提供し、2019年4月より有料サービスとなる。1学校に年2万8,800円で、1学級が1度に同じ本を読むことができる41ライセンス(生徒40名と先生)を提供。有料だが、ライセンスの追加も即時可能。学級運営に役立つ利用データも提供する。

 電子書籍を提供する出版社は、岩波書店、偕成社、学研プラス、河出書房新社、講談社、集英社、フレーベル館、ポプラ社の8社。各出版社は、学校で子どもたちが読むにふさわしいと考える書籍を吟味し、それぞれ最適と思われる時期に提供する。最新刊からロングセラーまで常時約1,000冊を掲載し、3か月から6か月で書籍の入れ替えを行う。

 「School e-Library……(中略)…… 、読書したくなる本を作ることを目指し、全国の児童や生徒の『力』がつくことを応援します」とコメントしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …

学習・教育
KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、 …

学習・教育
高校生の長期留学を支援「ICC高校留学フェア」8-9月東名阪

 25年以上にわたり長期高校留学支援を行うICCコンサルタンツは2019年8月から9月にかけて、東京 …