出世欲が低く自己研鑽をしない日本特有の傾向が明らかに―パーソル総合研究所の「APACの就業実態・成長意識調査」

資格・スクール

 同調査は、2019年2月6日~3月8日に、下記14の国・地域における主要都市で働く男女20~69歳を対象として行われた。各国のサンプル数は1000。

 1. 中国(北京、上海、広州)、2. 韓国(ソウル)、3. 台湾(台北)、4. 香港、5. タイ(バンコク)、6. フィリピン(メトロマニラ)、7. インドネシア(ジャカルタ)、8. マレーシア(クアラルンプール)、9. シンガポール、10. ベトナム(ハノイ、ホーチミンシティ)、11. インド(デリー、ムンバイ)、12. オーストラリア(シドニー、メルボルン)、13. ニュージーランド、14. 日本(東京・大阪・愛知)

 調査結果について、パーソル総合研究所は以下のように伝えている。

上昇志向に関する日本の特徴

 現在、非管理職である人に聞いたところ、日本は管理職になりたい人の割合が21.4%で、14の国・地域で最も低かった。逆に言えば、日本では積極的な管理職志向がない人は78.6%にものぼる。日本は出世意欲も最も低い。

[画像クリックで拡大表示]

 勤務先以外での学習や自己啓発について、日本は「特に何も行っていない」が46.3%で、14の国・地域で最も高い。2位のオーストラリアと比べて24.8ポイントも差……(中略)…… まいけば日本の産業のさらなる地盤沈下は避けられず、改革を進めなければならない」(櫻井氏)

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間と学習期間」の調査結果を発表―侍

 現役エンジニア50名を対象に、エンジニアになるまでの1日の平均学習時間を聞いたところ、平均4時間2 …

資格・スクール
日本の大企業でHR Techが広まらない理由、米国でHR Techがどんどん先を行く理由とは

大企業でHR Tech導入が進まない理由とは ――まずは2019年のHR …

資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …