内田洋行、毎日新聞社の「ニュースがわかる」をデジタル化

学習・教育

内田洋行は26日、毎日新聞社の「ニュースがわかる」をデジタル化し、教育コンテンツ配信サービス「EduMall (エデュモール)」で提供を開始した。


2020年から小学校で導入される新学習指導要領では、社会で活かせる資質や能力の育成が重視されているところから、ニュースと教科書の単元を結びつけ、それに関わるさまざまな題材を児童・生徒が議論し、意見をまとめて発表するといった授業方法に関心が高まっている。

こうした状況を背景に、内田洋行と毎日新聞社は協同で、ニュースが学べる小中学生向けの学習誌として毎日新聞社が発行する月刊「ニュースがわかる」をデジタル化し、内田洋行の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」に搭載、全国の教育委員会・小学校を対象にコンテンツの提供を開始した。

関連URL

EduMall

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… ef="http://www.edumall.jp/" target="_blank">EduMall

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …