公立中高一貫校の「適性検査」とは

学習・教育
<!----> 適性検査とは中高一貫校が学習に適性があるのかを見るテスト

県立千葉中学校の場合、適性検査は1次(12月16日)に2回、2次(1月12日)に2回と合計4回行い、最も多く適性検査を行う

 公立中高一貫校の場合、設立にあたって行政システム(各自治体の教育委員会)が関与していて、私立中学入試のように国語・算数・理科・社会の「学力試験」を行わないことを設立当初より旨としてきました。したがって、公立中高一貫校の選抜方法は「報告書・適性検査・作文・面接・実技検査」等によって総合的に合否が判定されます。

居住地によって出願資格が制限され、他の都道府県の公立中高一貫校への出願はできません。また検査日も統一され、公立中高一貫校どうしの併願はできません。

「適性検査」とは、公立中高一貫校各校が入学後の学習に適性があるのかを見るために実施され、主に筆記で行われるテストを指します。私立中学入試と違い、小学校で習う学習範囲からの出題となり、国語・算数・理科・社会といった単独の教科知識を問うだけではなく、複数の教科を組み合わせたり、活用したりするなど、解く力、総合的に考える力が試されます。「なぜそう思うのか、自分の体験を踏まえて答えなさい」など、説明だけでなく自分の考えを文章で答え、まとめる力を試す問題が多く出題される傾向にあ……(中略)…… 中学受験情報はこちらへ

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【本のプレゼント】ディズニー はじめてよむ プログラミングの本

KADOKAWAの提供で、プログラミング知育本『ディズニー はじめてよむ プログラミングの本』を、読 …

学習・教育
システムフォレスト、「農大・農高連携によるスマート農業実証」業務を受注

システムフォレストは12日、「農大・農高連携によるスマート農業実証」の業務を7月25日に受注したと発 …

学習・教育
高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生 …