公式パートナー制度「Wantedly Partners」を開始―ウォンテッドリー

資格・スクール
Wantedly Partnersのロゴ(出典:プレスリリース)

 「Wantedly Partners」は、同社が正式に認めたパートナー企業に対して、パートナーバッジを授与する。パートナー企業は同社のWebページに掲載され、Wantedly Adminに関する最新情報の提供、共催イベントの開催や販売促進キャンペーンなどのサポートを受けられる。パートナーバッジは、同社に認定されたパートナーであることを表すロゴとして利用できる。

Wantedly Partners設立の背景について、同社は、「米国では求める人材ターゲットを明確化し、ターゲットに合わせた採用手法を選択して運用ができる“採用のプロ”としてのリクルーターが増えているが、日本ではリクルーターのスキルを持つ人事担当者が多数いる企業は限られている。一方、最近では、事業会社の人事やヘッドハンターを経て、複数企業の採用支援を行っているリクルーターや、そういった専門人材を擁する企業が増えており、採用支援に関する多数の問い合わせがある」ことを挙げている。

 ウォンテッドリーは、Wantedly Partnersによってリクルーターとの連携を強化し、企業が抱える採用課題に貢献していく。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… edly Partnersによってリクルーターとの連携を強化し、企業が抱える採用課題に貢献していく。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
2018年10月の「doda転職求人倍率レポート」発表、求人数・転職希望者数とも大幅に増加―パーソルキャリア

 10月の転職求人倍率は、前月比0.24ポイント減の2.11倍で、求人数は前月比102.3%、前年同 …

資格・スクール
急拡大で成長痛に苦しむ組織運営を救った新組織CSEと2つのシステムTeams/Reviews――メルカリ 衣川憲治氏

ビジネスと組織の成長スピードに、人事や組織が追いつけないという危機感 ――CSEの立ち上げの背景に関 …

資格・スクール
20代・スマホ世代のパソコンスキル低下に対し、採用や研修に活用できる“スキルチェックシステム”を11/22発売

ITサービスを展開する株式会社リオ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山下 隆浩)は、従来より展開し …