入社後のミスマッチを解消するために採用企業は転職エージェントとどう付き合うのがよいのか

資格・スクール
候補者の本音をはずさず読み取るために

――転職エージェントなど、人材と企業のマッチングのプロが間に入っているにもかかわらず、採用してみたら思うような人材ではなかったというミスマッチが生じることがあります。なぜでしょうか。

 採用後にミスマッチが生じる背景には、候補者と採用企業の間における「情報の非対称性」や「情報の格差」があります。その格差を埋める機能としてエージェントがいるのが理想ですが、現実には、一部のエージェントは単純なスキルマッチングだけで候補者を紹介しているのではないでしょうか。採用企業の業務やカルチャーなどをしっかり候補者に伝え、こうした情報の格差を解消することのできない採用企業やエージェントがいることが、ミスマッチの起こる1つの原因だと思います。

 また候補者は、いくつかのエージェントを同時並行的に利用し、求人に応募して選考に入るというプロセスを経ます。さまざまな場面で色々な意思決定をしますし、多様な情報をキャッチアップします。その過程で、候補者の気持ちや考えも少なからず変化していきます。採用企業が、こうした候補者の気持ちや考えの変化を捉えずに選考を進めたら、ミスマッチが起こるのは必然です。

藤井 康介(ふじい・こうすけ)氏Supership株式会社 ビジネスイネーブルメント事業部コンシューマ……(中略)…… いくのかを考える必要があるのです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 8月の活動状況」を発表、副業に対して前向きな学生は約7割

 同調査は、2019年8月26日~2019年8月31日の期間に、2020年卒業予定の全国大学4年生お …

資格・スクール
「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える人事向け講座をプログラミングスクール7社と開講―LAPRAS

 エンジニア採用が非常に難しくなっている中、大きな課題として挙げられるのが、人事担当者のエンジニアリ …

資格・スクール
「資産拡大フェア2019」に株の学校ドットコム講師・窪田 剛が登壇!

受講者数日本一を誇る無料オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」(運営:株式会社トレジャープロモ …