光文書院、テストの採点集計を45%削減できるシステムを無償提供

学習・教育

光文書院は16日、小学校のテスト採点作業を大幅に削減するデジタル採点支援ソリューション「EdLogクリップ採点支援システムひまわりエディション」を、今春から無償提供すると発表した。


同システムは、同社とEdLog社との業務提携で実現したテスト採点支援ソリューション。EdLog社は、学校のICT導入や働き方改革推進のサポートを行うシステムソリューション企業。

同システムは、テストの実施から解答用紙の回収まで従来のやり方を変えず、スキャンした解答用紙をパソコン上で採点すると同時に採点結果のデータ化と集計ができる「クリップ採点」を採用。

その結果、採点作業や採点結果の登録・集計作業にかかる時間を、従来の手書き採点時作業時間と比べて約45%短縮することができた。

採点作業を効率化できる最大の理由は、設問ごとに全児童の答案を連続・集中して採点できる「串刺し採点方式」を操作画面に採用したこと。

同じ設問ごとに全児童の答案が並んで表示され、採点作業の効率化とともに、採点ミスの減少や採点基準の統一化が図れる。

また、総合評価支援システム「ひまわり先生」とのデータ連係で、児童一人ひとりの理解度を確認しながら、児童に寄り添った指導ができるようになる。

「ひまわり先生」は、過去のテスト成績……(中略)…… i/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">ひまわり先生

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
医学部の受験勉強、25.2%が高1から…勉強方法やツールは?

 医学部受験経験者の7割近くが高校生から受験勉強を開始しており、特に「高校1年生」から始める人が多い …

学習・教育
文科省など、小学校プログラミング教育の充実図る「みらプロ2020」を発表

文部科学省、総務省、経済産業省が連携してプログラミング教育を推進するための組織「未来の学びコンソーシ …

学習・教育
中学受験で「最後に伸びる子」と「成績が上がらない子」の違いとは?

<!– –> 中学受験で最後に伸びる子の共通点! 成績が上がらな …