先生のための「英語4技能対策授業」実現AIツール「トレパ」に新機能

学習・教育

デジタル・ナレッジは20日、小中高等学校の英語教師のための「英語4技能対策授業」を実現するAIツール「トレパ」に、動画掲載機能と学習管理機能(発話)を新たに追加した。


トレパは教師のための「英語4技能対策授業」実現AIツール。トレパが生徒の相手となり、英語のスキルを上げるためのトレーニングを実現する。トレパ対応の履修範囲に即した教材を使用するため、英語の授業ですぐに使用できる。教師が自ら授業で使用する教材を作成し、簡単な操作で出題設定も可能なので、これまで行ってきた教師の授業を変えることなくスムーズに導入することができる。

また、AIの活用により音声や文字(テキストデータ)、画像を認識することで、生徒の回答(発話・記述)に反応し、トレパとの英会話やテキスト文章での遣り取りを通じて英語のスキルが上達する仕組みとなっている。

今回追加された動画掲載機能では、教師が自身で撮影した動画を教材に埋め込むことができ、問題を解く前や後に参考動画やお手本となる動画として挟むことで、より効率的な学びをサポートする。

学習管理機能(発話)では、動画視聴ヒートマップにYouTube動画再生に関する情報を集計。ヒートマップと組み合わせることで動画の視聴状況を直感的に把握することができる。また、発話診断学習記録には、生徒の発話した内容……(中略)…… .jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「トレパ」

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
個人指導塾のメリットや向いている子供の特徴

<!– –> 塾の形態には「集団授業」と「個別指導」があります。 …

学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …