保護者が考える小学生の得意・苦手教科、算数は二極化傾向

学習・教育
 小学館集英社プロダクション(ShoPro)が小学生の子どもを持つ保護者を対象に実施したアンケート調査によると、保護者が考える子どもの得意・苦手教科について、「算数」は得意・苦手のいずれも上位にランクインしており、二極化傾向にあることがわかった。

 調査は、全国の小学1年生~6年生の子どもを持つ保護者330名を対象に実施したもの。スクリーニング調査は2019年10月9日~12日、本調査は10月18日~20日に行われた。

 保護者が自分の子どもの得意教科と考えているのは「図画工作」51.6%が最多。ついで「算数」50.8%だった。一方、苦手教科と考えているのは「算数」30.0%がもっとも多く、「国語」28.3%が続いた。「算数」は得意・苦手の二極化傾向にあり、小学生の苦手意識が強いのは「算数」「国語」といった主要教科であることがわかった。また、苦手教科に対する対策について、「算数」「国語」をはじめとするすべての教科において「特に何もしていない」がトップだった。

 これからの教育で基礎学力に加えて、それらを「活用する力(思考力・判断力・表現力)」が重視されることを知っている保護者は46.7%。しかし、内容まで理解している保護者は16.4%にとどまった。

 小学校教育の中で「活用する力」を育む教育を「必要」だと考えている保護者は80.3%にのぼる……(中略)…… 期(小学校入学前)」「小学1・2年生」が各24.2%で、幼児期から小学3・4年生までが74.8%を占めた。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ロボットプログラミング「mBot大会」12/22、小学生以上

 小学生向けプログラミング教室の世田谷ハツメイカー研究所は、「mBot」を使用したロボットプログラミ …

学習・教育
2020年話題になりそうな出来事4位に「プログラミング教育」=ユーキャン調べ=

ユーキャンは、2020年に注目の集まる教育改革と資格について調査を行い、6日その結果を公開した。 そ …

学習・教育
学生による音楽劇「総合子どもカーニバル」甲南女子大12/14

 甲南女子大学人間科学部総合子ども学科は2019年12月14日、第13回総合子どもカーニバルを開催。 …